イベント運営の

い ろ は

強度が高くなる縫製を紹介

 のぼり旗を作るときに知っておきたいのが縫製による耐久性の違いです。

三巻縫製というものがあるのですが、これはのぼり生地の端部分を2回折り返してミシンで縫うものです。
強度を高めることができるだけなくほつれが起こる時期を遅らせることができます。

ほつれ

風に対する強度などもアップするので屋外用ののぼり旗を作るときに非常に使い勝手が優れているでしょう。

他にも三方三巻というものもあって、3辺に返し縫いを行う手法です。
周囲をすべて折り返して縫うもので強度を高めることができます。

本商品を作っている業者なら基本裁縫の1つなので、どこの業者に依頼をしても選択をする事が可能です。
本商品には4つの辺があるのですが、三方三巻は主軸になる部分以外を縫います。

また下三巻という方法を用いて、のぼり旗を作ることもあります。
下三巻はのぼりの下部分以外に糸を使用して縫うものです。

のぼり本体の上と横を固定することができる様になっているもので、風の影響を受けても
のぼりに書かれている文字などが見えにくくなることはほとんどないのがメリットです。

風が強い場所でのぼりを使いたいというときに下三巻はうってつけの手法でしょう。

noboribata.netの特徴を知っておこう

・専門サイトを使ってみよう

のぼりをつくりたいときにはnoboribata.netを利用してみましょう。
本サービスはのぼり旗の作成に特化しているサービスです。

のぼりをネットで購入

京都府にあるサービスでオリジナルののぼりを作ってもらうことができます。
本サービスでは袋のぼりや通常のものからミニタイプまでたくさん扱っています。

用途に応じたものを作ってもらう事ができるので使い勝手が優れているのが強みです。

実際にのぼり旗を作るときには日本製のインクジェットプリントを使うので、
業界内でもかなり安い金額を実現しています。

シルクスクリーンも扱っているのですが、こちらも安く利用できます。

・カスタム性も高いので便利
noboribata.netは注文を受けてのぼり旗を作ってくれます。
その際豊富な生地から自由に選択をする事ができるので非常に便利です。

遮光ツイルやスエード等の素材を選択することができるので、用途に応じて使い分けましょう。

また、変形のぼりの制作にも対応できるので、個性的なものを作ってもらいたいときに使えます。
オプション加工では下三巻やL字巻などの縫い方を細かく指定する事ができるため、
耐久性を上げたい人にもおすすめのサービスです。

designed by omaturi inkai